保育士になる為、会社を辞め勉強中

大学生の頃から、将来は子供に関する職に就きたいと考えており、
その内、保育士への道は憧れでもありました。

しかし、在籍していた学部は保育関連と直接関係が無かったせいか、
就職先として一般企業を選ぶ人がほとんどであり、周りに流されるまま、
一般企業に就職してしまいました。

後悔は少しありましたが、それを忘れる為に仕事に打ち込み、
それなりに充実した日々を送っていました。

そんな中、姉が子供を出産し、自宅に頻繁に子供を連れて来る内に、
大学生時代の保育士への憧れが蘇ってきました。
子供は無邪気で可愛く、子供の為にできる仕事をやりたいと決心するようになりました。
それから程なく、会社を辞め、保育士の資格をとるべく専門学校で勉強中です。